スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界伐木チャンピオンシップ2010を取材します

みなさん、こんにちは。

ご報告とお願いです。
以前、世界伐木チャンピオンシップの2010年大会へ日本チームが初参加するという話題を紹介させていただきました。

http://www.wlc-croatia2010.com/

http://douguwaza.blog45.fc2.com/blog-entry-44.html

この大会(クロアチアで開催、9/23-27)を、わが社でぜひ取材したいと考え、編集部員が現地におじゃますることになりまして、現在準備中です。取材には仮家が出向きます。

世界トップレベルの伐倒プロが集まる世界大会です。すばらしい技術・技を目の当たりにできることはもちろん、技術進歩に果たす大会自体の役割など、運営面でもいろいろ勉強させていただこうという願いを持っております。

U24という若者クラスを設けていることで、若い伐木技術のプロを育成するなど、なかなか教育的配慮も感じられるこの大会の魅力にも迫りたいのです。

そしてわが日本チームの検討ぶりなども。

取材の成果は、林業現場人 道具と技Vol.4や雑誌などで、さまざまな形で紹介させていただく予定です。

そこで、読者のみなさんにご相談・お願いです。
世界の現場人が揃うという滅多にないチャンスですので、ここを見てきてほしい、この写真をとってきてほしい、こんな点を取材してくれないか、などご要望がありましたら、ぜひお寄せ下さい。

みなさんのご意見、ご提案を参考にさせていただき、取材やその後の本作りを進めていきたいと思います。(白石)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

wolftree様 コメントありがとうございます。
①から③まで、小生も聞いてみたい内容ばかりだと感じております。

技術の習得方法、職場教育実態などは、編集上の大きなテーマですし。

頂いたコメント内容メモを持参し、仮家が明日旅立ちます。

ありがとうございます。
白石

取材内容の提案

世界中の一流技術者が集う大会、ワクワクしますね。
取材内容について、私からは3点意見をさせて頂きます。


①技術の習得課程&職場教育の実態
一番に知りたいのは、選手自身がその技術を「どのようにして身につけたか?」です。

・現場で見よう見真似で?
・指導者はいたのか?
・職場での教育カリキュラムはあるのか(その内容と教育に要する期間は?)?
・林業学校で学んだか(学校で学んだ内容はどんなもの?それは重要だった?)?

・・・等々、技術の習得課程と職場教育の実態を知りたいですね。


②この大会に参加する意義
各選手は、この大会に参加する事をどう位置づけているのかも知りたいです。

・ただの物好きで参加するのか、国の(地域の)代表として誇りを持ってか(その場合、地区予選などはあるのか?)。
・参加する事による周囲の反応はどんなものか?ただの個人的な名誉なのか、何か個人・会社の実質的な利益に繋がるのか。


③各選手の「林業」に対する思いと社会的な地位
各国の技術者はどんな立場と意識で林業という仕事に臨んでいるのか?という事も知りたいです。

・仕事に対する誇りはどんなものか?
・どんな事に喜びを感じるのか?
・社会的地位は?
・ちょっといやらしいですが、どれくらいの収入があるのかも・・・。


おまけとして、どんな人たちが見学に来ているのかも大変興味があります。大会の雰囲気が伝わってくるような写真を楽しみにしています!
プロフィール

道具と技・編集部

Author:道具と技・編集部
林業に関わる皆さん!
そして道具好きな皆さん!
ここに集まって、自分の相棒となる粋な道具を
アツく語っちゃってください!
もちろん、『道具と技』の感想も大歓迎です(^^

カテゴリ
最新記事
准フォレスター研修指定副読本
日本型フォレスター育成研修事業(林野庁事業)
准フォレスター研修指定副読本に、下記の弊会出版物が選ばれました!
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。