スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地形を読み、地形を制する技術


読者のみなさん、こんにちは。

先日、ご報告いたしましたとおり、道具と技Vol.7は、「これで架線が分かる―現場技術図解」を特集する予定で、現在取材を進めております。

架線技術の現場をどのように取材するか、ポイントを打ち合わせるる中で、一つのキーワードが見えてきました。
それは、架線現場の「地形」をできるだけ忠実に(あるいはある程度強調して)誌面に再現できるかどうか、ということです。

つまり、架線とは、地形を制する技術なのではないか。
地形を読み、最適に架設し、目的の範囲の現場からどう材を出すか、戦略的な発想、そして工程管理・段取りの高度な技術が求められるのではないか。
それを実現するメカニカルな世界。

そこにこそ、架線技術の醍醐味があるのではないか。
そうだとしたら、それをなんとかして読者へお伝えしたい。
と、このように今考えております。

3次元の地形を2次元の誌面に表現するいい方法はないか。
そもそも、取材現場の地形を取材スタッフがどのようにとらえてきたらいいのか、いい取材方法はないか、などさまざまなことを話し合っております。

「地形を読み、地形を制する」
架線の醍醐味、すばらしさを、ぜひこの本に盛り込んでいきたいと考えております。

以上経過をご報告いたします。(白石)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道具と技・編集部

Author:道具と技・編集部
林業に関わる皆さん!
そして道具好きな皆さん!
ここに集まって、自分の相棒となる粋な道具を
アツく語っちゃってください!
もちろん、『道具と技』の感想も大歓迎です(^^

カテゴリ
最新記事
准フォレスター研修指定副読本
日本型フォレスター育成研修事業(林野庁事業)
准フォレスター研修指定副読本に、下記の弊会出版物が選ばれました!
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。