スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント投稿募集。 道具と技を語ろう

全国の現場人(げんばびと)のみなさん。

道具や現場の技について、ご意見、体験談、情報などを、ぜひお寄せ下さい。

コメント欄に、書き込みをお願いします

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 浮上筒

最首さん
こんにちは。
海で使う道具も開発されているのですか!?すごいですね!
海底から大型船を引き上げられるとは、夢のような道具だと感じました!

浮上筒

久しぶりです、

先日、特許庁より浮上筒の特許が下りました。

先月でしたか、アメリカで戦艦武蔵を発見したと言うニュースを見て、部ログ発信者に引き上げるなら、「浮上筒」の技術を使用しないかとブログに書きましたが、返事がありませんでした。

武蔵を引き上げるなら、10万㎥の筒を作って武蔵と繋ぎ、浮上筒に空気を溜め込んで、船底と海底との間に爆発物を仕掛け、振動で、海底と船底の間に海水が回るように振動をかけて、引き離し、浮力を持って海面まで持ち上げたらと提案しました。

海面まで浮いてきたら人が通えるような浅瀬まで運び、再び沈め、船体が海面上まで持ち上がるように設定しなおして、再び浮上筒に空気を送り込んで、甲板が海面上に露出するように浮上させて、船内の海水を抜き、陸揚げできるところまで運んだ後に、船内の掃除をすれば、遺骨なども回収できるだろうと思います。

フラワー&ガーデンショーに出展

お久しぶりです。

昨日まで幕張で行われた日本フラワー&ガーデンショウに発明学会のブースの一角で「安全帯補助具と降下器」のタイトルで出展してきました。

春先のこのごろは蕨やぜんまい、筍など斜面を好む山菜取りに、高所の道よりロープで降下器を使用し下れば急勾配の地山でも両手を手放し手も留まれる事から安心して山菜取りができると訴えてきました。

ついでにビルからの脱出方法も説明しました。

非製造業の建設では商品化ができないので、これで製造業で商品貸し手くれる企業さんが見付るといいのですか、

また、ひとつ特許が取れました。

深海に眠る金属やレアーメタル、メタンハイドレートなどの鉱物を改定から海面までの運搬器具として考案した「浮上筒」特許の査定が下りました。

鉱物以外にも沈船などの引き上げにも使えます。

こうなると、建設業から程遠いアイデアなので、国内でも作る造船所や製缶業もいないだろうから、外国頼みになってしまう。

降下器系のアイデアが片付いたら、本格的に外国企業を探し、日本の排他的経済水域にあるレアーメタルや鉱物の引き上げ事業をしないかと呼びかけようと思います。

雇用を失ってる建設業の仕事に成るかもしれないと思います。

Re: No title

最首さん
近況のご報告ありがとうございます。
海外企業への製造依頼は大変だと思いますが、ガンバって下さいませ!

No title

お久しぶりです。

特許を8つも取れたのですが、国内では商品化が難しく、外国に日本への特許権として売り込みを始めようと思います。

海外は日本との貿易赤字を抱えていることから、日本に独占的に売れる商品があれば日本との貿易赤字が解消されるから、売れるのではないかと思います。

また、建設のように非製造業は国内で販売されなければ使うことができないので、異業種交流も、国境を越えて遣らなければだめなのではないかと特許をとって3年、国内に商品化する会社がなければ海外の企業に頼むしかなく、とにかく国内で半ないし手くれる企業を探すしかない。

Re: 久しぶりです。

特許8つ目ですか。すごいです。
製品化目指してがんばってください!!

久しぶりです。

3月に救難用バルンが公開広報に載りました。

忘れるといけないので、一昨日審査請求を掛けました。

これは、ビルが崩壊したとき、高所の要救助者を助けに行くために、ビルの外から専門家を1人バルンに吊り下げ、高いところに行く道具で、

要救助者の下に専門家を行かせ、高所の災害地に専門家を建物内に送り込んだり、ぶら下がった状態の専門家のハーネスに殻雛とスリンクで要救助者をつなぎ、要救助者に飛び降りてもらうもので、バルンは1人だったら飛ばせるバルンで、2人の体重なら、降下するように作って、災害時に備えます。

これが取れたら特許が8つになり、買い手を捜さなければ、取るだけじゃ駄目だと思います。

今まで、専業、分業の生産者や販売会社などにアイデア提案をしたけれど、もう、国内には、資本家がいない、完成品を作る生産者がいない、

完成品を作ったメーカーは海外に行き、破格の完成品で輸入して来ることから、

いくら中小企業が、制度がよく、丈夫で長持ちするといったところで、部品は部品、海外から来る完成品のどこに入ると、生産者に完成品になるまでの中小企業を集め無ければ、最終消費者は完成品にお金をはたけばその場から使う、

わざわざ中小企業を回り、部品を掻き集めて組み立てたりしない、専業、分業の生産者が変わらない限り、日本のもの作りは衰退する。

これからは、外国の企業を探さなければアイデアも形にはならないだろうと思う。

Re: No title

雑誌掲載おめでとうございます。
メーカー見つかるといいですね。
がんばってください!

No title

今日、月刊誌 創 に降下器が紹介されました。

去年の10月に紹介を受け、降下器を投稿しました。

メーカーが見つかればいいのですが、どうなることか、

Re: 高深度浮上筒

深海での希少金属の発見ですか。
夢が広がりますね。
本年もよろしくお願いします。

高深度浮上筒

送らばせながらの あけましておめでとうございます。

お久しぶりでした。

今年初めての特許申請を「高深度浮上筒」で申請をしました。

昨今は深海での希少金属の発見が相次ぎ、採鉱をするには深海で自動で動く建設機械がなければ採算の合う採鉱は得られないだろうと思います。

深海までバキュームを伸ばすにしても大掛かりなバキューム運搬船や施設船が必要だろう、深海で自動で動く建設機械ならバキューム採鉱ほどに費用は掛からないだろうと思いますが、それにはあと数年、深海で自動で動く建設機械の開発待ちになるだろうと思います。

深海で自動で動く建設機械が投入されることに成れば、海底と海面との間を運ぶダンプのようなものが必要だろうと、浮上筒を考案しました。

建設機械で採取した鉱物をバスケットに入れ、そのバスケットを浮上させるのを圧縮空気で浮上させる物として「浮上筒」を考案した。

同じ圧力の水圧と空気圧は=の関係だろうから、水深2000mなら200気圧の空気を送れば浮上筒の中に空気を送り込めることができるだろうと思います。

浮上筒の中の海水を圧縮空気を送り込むことで排除し、浮上筒に浮力を持たせ海底の重量物を海面まで持ち上げるというものです。

海面までくればクレーンなどで水揚げし、運搬船に取り込めるだろうと思います。

試作の写真は、ヒューネット板橋の掲示板が閉ざされてしまったので、「現業で異業種交流しませんか」のサイトで掲示しています。

Re: 浮上袋の商品化

おめでとうございます。
続報をお待ちしております!!

浮上袋の商品化

お久しぶりです。

やっと浮上袋の企業さんが見つかりました。

大阪の企業さんで、商品化できるそうです。

今日は初めての対面で挨拶程度で、浮上袋の他にも2、3アイデアを持って行き作れるか検討をしてくれるようです。

来年に契約できれば良いなと思います。

Re: 商標が査定を受けました。

> 降下器用の商標「降りるべ~」が査定を受け商標登録になります。
商品名、インパクトありますね。
売り込み頑張って下さい!

商標が査定を受けました。

降下器用の商標「降りるべ~」が査定を受け商標登録になります。

来月はマンションの管理組合に降下器のプレゼンをしてこようと思います。

また、荷下げようの降下器も意匠登録申請をした後に運輸関係の会社に売り込みに行こうと思います。

Re: ジブブラケットの特許証が来ました。

特許取得おめでとうございますv-315

ジブブラケットの特許証が来ました。

ジブブラケット(特許第5302473号)

今日特許庁から特許証が届きました。

商標登録を申請しました。

久しぶりです。

今週の土曜日に発明学会のバザーで降下器を販売しようと思います。

降下器の商品名を「降りるべ~」としパンフも作成しました。

例によっていつものサイトでパンフを掲載しました。

注文したのが12個ですから、試作の代金とほとんど変わりませんが、緩降機のオリローに比べれば数分の1、数が出てくれば価格も下げられ、価格比は広がる一方になるだろうと思います。

多少高くても災害で命を落とすことを考えれば決して高くはないだろうと思います。

多少値段が高いので、売れないと思いますが世に出すことが成果だろうと思ってます。

バザー以降は電話やメールで受付ようと思います。

用意した商品がなくなったら、予約注文ということで、多少時間を頂き、個数を増やして価格の減少に努めたいと思います。

Re: ジブブラケット、特許確定

ひゅ~ねっと板橋のフリーボード拝見しました。
http://6821.teacup.com/kyouiku/bbs

ジブブラケットが特許確定おめでとうございます。

ジブブラケット、特許確定

こんにちは、垂直降下に必要なジブブラケットが特許確定しました。

どんなものかというと、今回は試作なしでの特許ですので、図面を絵画にした図を例によって、ひゅ~ねっと板橋のフリーボードに掲載しました。

建造物のベランダの脇や窓の脇に取り付けて、建造物と並行の時に窓の上隅にロープを引っ掛けるところが見える状態で設置し、ロープを床のある所で引っ掛けられ、ロープに降下器を施した後に、身を乗り出せば、ジブが建物と垂直になった状態にしてから、降下するもので、

建造物から少し離れらところにロープが下げられるというものです。

これが商品化されれば、建物をこすりながら降下しなくても良く、上下連携で降下するロワーダウン技術を使用することができるものになります。

No title

また一つ特許になりそうです。

こんだの物は、建築物と並行にロープを垂れさせる器具で、「ジブブラケット」要は小さなクレーンです。

これがあって初めて、一人降下の映像が実現する。

昨日はビックサイトに環境展を見に行き、大阪のずた袋を製造している業者に、浮上袋を製品化しませんかと提案をしてきました。

1㎥のずた袋なら、土砂を1㎥を入れて持ち上げるのですから、なかに空気を漏らさない生地を入れそれに吸気バルブと排気バルブが取り付けられたら出来上がるだろうと相談をしました。

社長はその気になったようですが、持ち帰って検討するということなので、返事があることを期待しています。

Re: バザー用降下器の注文

発明学会でバザーがあるのですか。
さまざまなアイデア作が集まって楽しそうですね。
エクセル写経さんの商品が、どんな反響があるのか、楽しみです。

バザー用降下器の注文

こんにちは、来月発明学会でバザーがあるので、出品しようと思ってます。

今日、鋼製で機械屋に注文をしてきました。

建設用の安全ロープ16ミリ(親綱)20mと降下器をセットで販売しようと思います。

徒歩で持ち運ぶために親綱は数本しか持っていけませんが、足りなければ注文で受け付けようと思ってます。降下器も同様で、もっていけるだけ持って行って、あとは注文販売ということになるでしょうか、




Re: 降下器の少量化

400g以上の軽量化ですか。すごいですね!
さらなる進化を期待しています!

降下器の少量化

先月、1、2キロあった降下器を780gまで減量し、16ミリのロープをクリート結びができるように改良しました。
一応ステンレスの道を作るためステンレスで作りましたが、値段が張るために商品化は鋼製にしました。
5階から降りられるようにフック付きの安全ロープ(親綱)20mとセットで予定しています。
連休明けに数十丁を依頼し、強度試験をした後に行きつけの会で来月にバサーを開くので、それに参加しようと思います。

Re: 降下器を商品化しようと思います。

エクセル写経さん
自分で商品化ですか、すごいですねv-407
商品はやく見てみたいです。
続報お待ちしております!!

降下器を商品化しようと思います。

久しぶりです、

生産者の異業種交流会では販売促進だけなので、自分で商品化しようと思います。

5階から降りられるように、建設業で使ってるフック付きの安全ロープ20mと降下器(鋼製)で2万5千円ぐらいで販売しようと思います。

登山を趣味にしている人はカラビナやハーネスにこだわりがあり、スリンクでは不評を買ったのと、一般の人でも入手がしやすいので、各自で好きなものを選んでもらおうと思います。

ロープ支持器を一緒にすると建物のオーナーなら良いのですが、借りてる人では建物を傷つけるわけにもいかないので、別途で建物のオーナーや管理者に受注生産で売ろうと思います。

多分5月に入ってからになると思います。

Re: 特許6つ

特許6つもお持ちなのですかe-451
すごいです!

これからは商品化のほうに注力されるのですね。
がんばってください!

特許6つ

お久しぶり、おととしの12月からあれよあれよと言ってるあいだに特許が6つになってしまいました。

なんとか商品化をしないと特許証がたまり続け、特許販売の方にも力を入れなければ、結果が伴わない。

Re: 特許実施権の販売

精力的に営業活動されているのですね!
健闘をお祈りしています。
がんばってくださいe-287

特許実施権の販売

お久しぶりです。

特許も5つを取得し、商品化の道を探さなければなりません。

そこで展示会などに出向き、特許の商品化を売り込もうと思います。

まずは東京都のライフサポートフェアーと足立区の異業種交流会で商品化してくれる企業を探そうと思います。

来週は静岡県中小企業テクノフェアーのアポイントを取りました、担当者の紹介があれば良いのですが、黙っていくよりはマシだろうと思います。

Re: 実用新案の2つが特許公報に掲載されました。

特許公報への掲載おめでとうございますv-218

実用新案の2つが特許公報に掲載されました。

お久しぶりです。

実用新案の「防災3点支持ロープ支持器」と「安全帯用垂直降下補助具」が特許公報に掲載されてました。

「防災3点支持ロープ支持器」はこれが特許になるのか?の見本みたいなもので、屋上で使えば風散防止器具にもなる

Re: 開放特許情報データーベース

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

商品化する企業が早く現れるといいですね!!

開放特許情報データーベース

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

降下器と昇登器の特許を開放特許情報データーベースに登録しました。

非製造業だと商品化ができないので、製造業に商品化してもらわないと、買うこともできず、使うことができないので特許を開放しました。

これによって商品化してくれる企業が現れれば、防災器具としても使えるので商品化する企業が現れるのを待つことにしました。

浮上袋の方はまだ特許公開公報に乗っていないので、登録することができませんでした。

降下器の商品化

おはようございます。

今日、東京と中小企業振興公社に特許証を持って相談に行ってきました。

特許申請中は相手にして頂けなかったが、特許証を持って行ってはじめて相手にされました。

少ない数量でも作ってくれる企業を探そうと思います。

Re: 浮上袋が特許になりました。

浮上袋の特許取得、おめでとうございます!
夢に一歩近づいたのですねv-218

浮上袋が特許になりました。

お久しぶりです。

以前に掲載した浮上袋が特許になりました。

特許第5133452号  浮上袋

実用新案も特許証があと2つ来る予定になっているのですが、今日は来ませんでした。

来月にはまとめて売り込みをしようと思います。

どれか一つ物になってくれれば、念願の電気屋の発想に取り掛かれると思います。

Re: 神奈川ビジネスオーディション

> 神奈川ビジネスオーディションの2次審査は落選でした。
残念でしたね。お疲れ様でした。
次のオーディションも頑張ってください(^^)/

神奈川ビジネスオーディション

神奈川ビジネスオーディションの2次審査は落選でした。

パテント収益をビジネスとするのだから、商業系のオーディションに不釣合だったようで、商品化してもらわなきゃ年間収益もあったものじゃない、

利益率にしても商品化する企業によって異なり、商品化するところの企業のやる気によっても左右されるので、売上なども書きようがない。

防災器具としての需要だけ考えれば国内だけでも物凄くあり、総理府の統計でも15階以上の世帯数だけでも1000万世帯を超え、15階からしたの世帯数はその10倍はあるだろうと思います。

諦めずにまたチャレンジしていこうと思います。

Re: ロープ支持器と安全帯補助具の補正書提出

安全帯用補助具の補正書を提出、お疲れ様でした。>
可動式ロープ支持器の特許申請も頑張って下さい!!

ロープ支持器と安全帯補助具の補正書提出

先週はロープ支持器の補正書を特許庁に提出し、今週は安全帯用補助具の補正書を提出しました。

残るは可動式ロープ支持器の特許申請が年内に出せるか機械屋さんの試作作りにかかってきた。

査定書が届くのが楽しみです。

Re: Re:Re:NHK岡山

また、テレビ放送がされる時はお知らせ下さいませ!!

Re:Re:NHK岡山

昨日NHKにNHK岡山にで放映された降下器の放映された証として1枚だけ利用させていただけるように頼んでみました。

なんともハギレの悪い返事で、ニュアンスとして聞いていただけますようにとのこと、その上で自身の映像が入っているからあなたのものともそうでないともスタッフとしてははっきり言えないことを理解してくださいとのこと、

1枚だけ使用させてもらおうと思います。

例によって「ひゅ~ねっと板橋「フリーボード」」に貼り付けました。

Re: NHK岡山

NHK岡山での放送、おめでとうございます。
私も放送見てみたかったですv-222

NHK岡山

降下器を10月4日にNHK岡山のニュースで1分ちょっと放映されたそうです。

東京からでは岡山の放送が見れないので、放映した動画を戴けないかと話したらくれるそうです。

またひとつ実績ができました。

Re: 第15回アイデアグランプリINあげお

一次審査通過おめでとうございます。
最終審査結果のご報告、期待してお待ちしております!

第15回アイデアグランプリINあげお

今日、上尾のアイデアグランプリーから手紙があり、第1次審査の結果が届き、入選候補作品として選ばれました。

次回は11月10日・11日に行われるあげお工業フェアーで来場者による一般投票を踏まえて最終決定だそうです。

Re: ユーチューブに一人降下実験を公表しました。

動画拝見しました。
動画で見ると一気に理解度が高まりますね。
さらなる追加動画もお待ちしております。

ユーチューブに一人降下実験を公表しました。

今日、ようやく画像ソフトが扱えるようになり、1人降下実験の映像を公表しました。

http://www.youtube.com/watch?v=fyr19r-aAIc

ロープを降下器に2巻き、足に1巻きで一人で垂直降下する方法を掲示してます。

Re: 浮上袋試作

エクセル写経 さま
商品化に向けて一歩前進しましたね!
頑張って下さい!!

浮上袋試作

久しぶりです。

やっと浮上袋の試作をしてくれる会社を見つけました。

来月の3日に話を聞いてくれるようです。

そのときに商品化も聞いてみようと思います。

試作も商品化してくれる企業に見せるために作るのですから、商品化してくれるということになればそこにお願いをして見ようと思います。

Re: 浮上袋特許査定書届く

浮上袋も特許、おめでとうございます。
商品化期待しています!!

浮上袋特許査定書届く

久しぶりです。

浮上袋も特許になりました。

去年の暮れから3つ目です。

作ってくれるメーカーを探して居るところです。

なかなか日本では見つかりませんね、

Re: ビジネスオーディションを通過

1次審査通過、おめでとうございます。
2次審査の結果も楽しみにお待ちしております。
がんばってくださーい!

ビジネスオーディションを通過

お久しぶりです。

降下器をビジネスオーディションに応募したら、1次審査を通過したと報告がありました。

2次審査の前に講習があるというので、聞きに行こうと思います。

その結果、2次審査の申請を出すようで、しっかり聞いて申請書を作成しようと思います。

浮上袋の拒絶理由通知書、「拒絶理由が無くなったと」審査官から受けたので、補正書を提出しました。

査定書ができる前にほかに拒絶物件が見つからないことを祈ってます

Re: 浮上袋拒絶通知書が届く

商品化企業を探すのは、今はむずかしいのですか。
できればメイドインジャパンを貫きたいですね!

浮上袋拒絶通知書が届く

昨日、特許庁から拒絶通知書が届きました。

今日、補正書を作成したので、来週には特許庁に補正書を提出しようと思います。

9月には特許査定が降りるだろうと思います。

特許鉦ばかりたまって商品化企業が見つからない、もう国内では物作りは衰退してしまったかのようで、国内の外国企業に売り込むしかないかもしれません。

Re: 浮上袋拒絶理由書が届いた

ドバイというと、超高層ビルがたくさん建てられているイメージがあります。
建設ラッシュで、登降器などの道具の開発に注力しているのでしょうか。

アイデアの世界発信ですね!頑張って下さい!

浮上袋拒絶理由書が届いた

昨日、特許庁から拒絶理由書が届きました。

内容は説明の不備に続いて、「拒絶の理由を発見しない請求項」とあるので、補正書を提出すれば特許になるだろうと思います。

60日以内に補正書を完成させて、特許庁に送らなければ、結局、降下器、昇登器のメーカーが探せないまま、浮上袋の拒絶理由書が届いてしまいました。

発明学会で、外国の企業がアイデアを募集していると言うので、そちらに浮上袋を応募してみました。

もはや、産業物の生産は日本では駄目なようで、ドバイという国から皮、合成繊維などを使用したアイデアを求めているというので、提案しようと思います。

日本の雇用はどんどん失われていくようです。

Re: 昇登器の特許証が届いた。

特許取得おめでとうございます。
早く商品化されることを期待しております。

昇登器の特許証が届いた。

降下器のメーカーが決まる前に昇登器の特許証が届いてしまった。

急いで商品化をしてくれる企業を探さなくては、遣れ遣れです。

そのうち浮上袋の拒絶理由書も届いてしまうのではと忙しさが予想される。

Re: 昇登器が特許査定受けました。

特許査定お疲れ様でした。

次は商品化ですね。
がんばってください!

昇登器が特許査定受けました。

今日、特許庁より昇登器の特許査定を受けました。

降下器と昇登器で特許を取ったことになり、国内の製造業は法律的に商品化できないだろうから、機械要素展で外国企業を探し売り込もうと思います。

非製造業では商品化されなければ買うこともできないので外国企業で商品化してもらい、国内で販売をしてもらわなければ使えないところです。

とりわけ4年以内に関東、東海、南海に大地震が来ると予想されていることから、震災を受けた後の高所からの脱出器具として備えなければ、ならないだろうと思います。

ロープの支持金具も提案していこうと思います。

Re: 降下器の売り込み

いい物を作っても、すぐ売れるとは限りませんね。
売るにもアイデアが必要。
次のご報告、お待ちしております。

降下器の売り込み

先日、発明学会に行き、降下器のアイデアを売り込まなければせっかく特許を取っていても何にもならないと言われ、

インターネットで商品のアイデア募集をしている会社、42社に防災器具として売り込みチラシを郵送しました。

返事が来るといいのですが、物がものだけに、どうだろう。

こなければ国外に売るしかないようです。

Re: アイデアコンクール

6位入賞おめでとうございます。

茨城で起きた竜巻はマンションにも直撃したようですね。
高いところから脱出する際、降下器の出番ですね。

アイデアコンクール

発明学会の「被災地支援アイデアコンクール」で6位で優良賞を頂きました。

http://www.hatsumei.or.jp/contest/result_shien_icon.html

利用されて雇用が生み出されれば良いなと思います。

Re: 被災者支援アイデアコンクール

エクセル写経さん

「優良賞」の受賞、おめでとうございます。
復興作業にも応用して利用できるのですね。
素晴らしいアイデアだと思います。


被災者支援アイデアコンクール

発明学会で降下器を「被災者支援アイデアコンクール」に出したら、「優良賞」を頂きました。

被災地で商品化すること、作ること、使い方を非被災地でレクチャーすることで、被災地の雇用を作り出し、非被災地で、震災に備えた防犯器具として、中高層建築物で建設業の無足場工法での需要を生み出し、新卒者の40%が失業する昨今の雇用につなげるとともに、被災地に需要支援することで被災地に継続する雇用を作り出すというアイデアでした。

どこかで使ってくれれば多くの人に雇用が生み出せるだろうと思います。

昇登器急勾配登坂実験

お久しぶりです。

今日は、暖かかったので昇登器の勾配登坂実験をしてきました。

試作機は去年のうちにできていたのですが、冬は寒いので登り方の方法を考えてましたが、今日遣ってみて考えるよりは現場で試していたほうが早く方法が見つかりました。

しかも昇登器1つで登れる方法も見つけました。

いつものサイトに写真を掲載しました。

http://6821.teacup.com/kyouiku/bbs

おかげでロープの垂直登坂の方法も思い付きました。

やはり現業は動かなければ駄目ですね、

Re:降下器が特許になりました。

いつもコメントありがとうございます。

降下器の特許取得おめでとうございます。

また浮上袋の情報ありがとうございます。
いまの時代が必要としている機器だと感じました。

今後進捗がございましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

降下器が特許になりました。

久しぶりです。

ここで紹介した降下器が特許になりました。

専業、分業の建設業の電気屋では商品化は出来ないので、メーカーを探していると事です。

また、昨日新たに浮上袋を特許申請しました。

水底に沈んだ自動車や船などに設置し、水面上より圧縮空気を送って水中で浮上袋を膨らませ水面まで重量物を持ち上げるものです。

津波で流され沈んだ魚網などを引き上げるのにも使えるだろうと思います。

昇登器の実験ですが、寒いので来春暖かくなってから行おうと思います。それまで写真は取れません。

Re: お久しぶりです。

査定書、待ち遠しいですね。
お正月の実験、頑張ってください!

他にも特許申請があるのですか。
山から海まで幅広い知識をお持ちなのですね。

お久しぶりです。

降下器が特許査定を受けました。査定書は今月来るか来月だろうと思います。

昇登器は実験よりも審査請求を優先させました。

実験はお正月の休みで人出がないときに遣ろうと思います。

今は海洋もので特許申請書を出筆中で来年早々に特許申請を掛けようと思ってます。

Re: 昇登器作りました。

エクセル写経さん

特許申請お疲れ様でした。
昇登器の写真拝見しました。
ロープ登りのお写真も楽しみにお待ちしています!!

昇登器作りました。

今日、特許申請が終わったので、写真を何時ものところに掲載しました。

http://6821.teacup.com/kyouiku/bbs

取りあえずは物の写真だけですが、

そのうち時間があったら、昇登器を利用して、ロープ登りに挑みます。

以前に書いたか解りませんが、今度は袋物を試作します。

画像見れます。

おはようございます。

掲載された画像のアドレスをクリックするとこちらでは見れます。

送った画像があるからかな?

アドレスをコピーして検索を掛けてみては如何でしょうか、

90キロの体重もじわじわと降ろせました。

Re: 降下器の新たな映像

エクセル写経さん
こんにちは。
特許取得間近なのですね!ワクワクですね!!
降下器の使用動画の公開ありがとうございます。
ただ、「この動画は非公開です」と出てしまい、視聴できないようです。
みられないのは私だけでしょうか・・・。

降下器の新たな映像

久しぶりです、降下器の拒絶理由通知書が特許庁から送られてきて、一部の補正をすれば拒絶の理由は解消されると頂いたので、

補正書を昨日提出しました。

降下器の新たな使い方を画像に撮ったので、貼り付けさせていただきます。

http://www.youtube.com/watch?v=-n8JNdIOvNU

非難器としての使い方で、私の体重でも1巻きでおろすことが出来ました。

今回は、2,5mからの降下ですが、この方法なら、50mからでも降ろせるので、使い道としては、ビルの高層階からとか、ケーブルカーやモノレール、リフトからの脱出に使えるだろうと思います。

一人目は、ロープを2巻きで地上まで降り、地上でロープを固定し、ロープの端を引っ張って次に降りてくる人の降下速度の調整をする。

そうすれば2人目からは降下器にロープ1巻きで降下器にただぶら下がれば、地上に降りた人が速度調整しながら地上まで降ろしてくれます。

Re: ロープクライミング

エクセル写経 さん

こんにちは。

道具を揃えるだけでは、なかなか難しいのですね。
身体の使い方のポイントはどこなのか気になります。
登っているところのお写真、楽しみにお待ちしています!!

ロープクライミング

器具を使ってロープ昇りを3回ほどチャレンジしました。

頭では登れると思っているのですが、今まで遣ったことがないので体の使い方をマスターしなければならないようで、

ロープクライミングを習いに行って来ようと思ってます。

せめて2m登れれば写真を撮るつもりで居るのですが、今のところ2段目の足場に足を置くところまでは出来、器具に体重を掻けても落ちないことが解りました。

写真が取れたら何時ものところで公表します。

Re: 昇登器を作りました。

エクセル写経さん

ロープが楽に登れる器具。
一体どんなものなのかとても気になります。
特許を申請していると言うことは全く新しい
技術と言うことなのでしょうか。
公開を楽しみにお待ちしております!!

昇登器を作りました。

ロープを昇っていく道具として作りました。

今実験中です。

これでロープが楽に登れるようなら、降下器とセットで上り下りの器具がそろう。

特許申請がすんだら公開しますね、

Re: 降下器のロワーダウン方法

動画の紹介をありがとうございます。
実際に動いているところを見ると写真では気づけない
情報が詰まっていますね。
新たな動画の公開を楽しみにお待ちしています。

降下器のロワーダウン方法

こんにちは、ようやくビデオが取れるようになったので、動画をお見せしようと思います。

ここで紹介した降下器で、ロワーダウンで使う方法を紹介したものです。

ユーチューブで公開しました。

http://www.youtube.com/watch?v=jGY5Gq-vKMY

Re: Re:Re: 昇登器

10キロ以上の道具を常に付けていればヘルニアになりそうで怖いですね。
腹筋で体を支えられるくらい鍛えることが大事なのですね。

3月は道路工事のラッシュ。
腰道具を付けた人がたくさん働いているところを見ます。
昨日は信号の電球を交換している現場が気になってしばらく見てしまいました。

Re:Re: 昇登器

電気屋をしていれば最低でも腰に10キロはぶる下げてます。

内容は腰バンド、ペンチ、プライヤー、ニッパー、プラスドライバー、マイナスドライバー、電工ナイフ、スケール、ラチェット、トンカチ位が一般的ですが、

人によってはモンキースパナ、植え切りバサミ、まれに大型の鋏をぶら下げている人も居ました。

電柱に登れば胴綱が加わり、一日ぶら下げているから、腰も強くなるはずで、中には通り越してヘルニアになる人も居るぐらいです。

電柱作業をする人は、腹筋もかなり強いはずで、ふくよかに見える腹も指で押してもへこむことは無いだろうと思います。

Re: 昇登器

総重量14キロの腰道具ですか!
どのような道具が詰め込まれているのか気になります。
それと同時に、腰痛になりそうで心配です。
負担軽減の対策などはあれば、教えて下さいませ。

昇登器

降下器と78ロリップR-4とでロープを昇り降りする練習をしようとロリップを2個購入しました。

ロリップを持ってみると1,1キロと重く、2個で2,2キロ、降下器が1キロで電気屋としての腰道具が約10キロで、腰道具としては14キロを腰にぶら下げてロープを昇り降りするとなると少しでも軽いほうがいいと重い、

ロリップをもっと簡略化した器具を考案して、作ってもらうことにしました。

ロリップの重量を半減させられたらと思います。

それができるまでロリップを使用して登りの練習とロープを数本下げて、ロリップによるロープ間の移動ができるかけんしょうしようと思います。

それができるようになれば壁面の壁を縦横無尽に動けるようになるだろうと思います。

Re: Re: Re: Re:でじたる書房でのぺーじです

よく学生がデータ入力のバイトをしています。
私もかつて頼まれたことがあります。
何でもできそうなコンピュータでも、
できない仕事はまだまだたくさんありますね。

Re: Re: Re:でじたる書房でのぺーじです

グラフのデーターは機械が勝手に入れてくれるわけではないので、

自らの作表が無ければなりません。表があってのグラフです。

データーが長ければ長いほど時間が掛かるでしょう。

仕事で使うならデーターも毎日の記録が欠かせないし、記録する量も膨大だろうと思います。

日報にしても一月に30日もデーターを記録してのこと、事業所別となれば事業所ごとの毎日の積み重ね、データー量も相当な時間が掛かります。

自分の職業は電気屋ですので、家電商品としてのコンピュータを説明できるようにと学んだので、直し方なども探求の範囲になり自分である程度は直せなければ職業人じゃないだろうと必死でした。

説明書で遣っちゃだめと言う行為も遣ってみて多くのコンピュータを壊しました。

直すことを考えるとコンピューターが高性能で扱いが簡単になるほど壊れたときの扱いは時間が掛かる。

コンピュータの機械が自作で作れるほどになりたいのですが、今のところ扱いの範疇で、建設業の方を考えての器具の試作作りです。

コンピューター販売企業が言うほど簡単でないのがコンピューターです。

コンピューターの自作ができるならほとんどの産業機器の自動化ができるだろうと思います。

Re: Re: Re:でじたる書房でのぺーじです

こんにちは。
最新のエクセルを使ってみたら、グラフの作成に
1から勉強し直したような気分になるくらい時間がかかりました。
高性能になるれば使いやすいとは言えないようですね。

Re: Re:でじたる書房でのぺーじです

この本は自分が遣り方を忘れないために作ったようなもの、

ですから、誰にも読みながらパソコン上で遣っていけばパソコンの機械はあ使えるようになるのです。

出版社が潰れていなければグラフ編と検索編の後2冊は出していただろうと思います。

とりあえず職人同士が異業種交流ができればと作ったようなものです、技能職で大事なのは物作りの体ですから、扱える業物が重要で、寄り集まって最終消費者に手渡せる完成品が作れなければ、専業、分業での部品作りはもうお終いです。

扱う素材や環境で体の使い方が違いますし、感覚も違うのが物作りの技能者、アバウトな感覚や繊細な表現も必要になる。

Re: でじたる書房でのぺーじです

こんにちは。
こだわりの本、2冊も出していらっしゃるのですね。
私はエクセルで難しい計算ができないので、羨ましいです。(只野)

でじたる書房でのぺーじです

でじたる書房に登録してのページをお知らせしていませんでした。

先日1月が経ったのと、掲示板でのお知らせした反応を聞いたら、

パソコンの指南書なんだから、コンピューターとかパソコンのところで喧伝しなければ駄目と言われました。

異業種交流を目指していたので、職業のところでの表示では駄目なようです。

遣りだすとこだわってしまうのが職人のさがというところでしょうか、

http://www.digbook.jp/index.php/cPath/157_149

Re: 降下器実験の写真が表紙に

あけましておめでとうございます。
コメントの認証が遅れまして申し訳ありませんでした。

どのような表紙になるのか楽しみですね。
本年もたくさんのコメントをお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

降下器実験の写真が表紙に

あけましておめでとうございます。

降下器の実験写真を「創意とくふう」誌に送ったら、2月号の表紙になる事になりました。

物つくりの中小企業同士の協業につながればと思います。

ところで前回の投稿記事は何時ごろ読んで承認が頂けるのかしら、

かれこれ2ヶ月ぐらいたつのではないかと思います。

電子書籍としてエクセル写経販売開始、

デジタル書房から、出版から撤退した出版社で作った本2冊を改めて販売してもらいました。

体で覚えた 写経Ⅰ エクセル奮戦記 文字入力編

体で覚える 写経Ⅱ エクセル奮戦記 表計算編

どちらも2000円でお願いして消費税込みの2100円での販売になりました。

後はパソコンの機械が扱えない人がCDをあけられるかが問題ですが、価格は2000円まで抑えられたので、よしとする以外に無い。

インターネットにもの作りの現業が出てくることを望む、

Re: Re: 紹介した本

エクセル写経さまからのコメントです。
誤って削除してしまいました。申し訳ありません。(只野)

------------------------------------------------
ここ2,3年異業種交流にて自己商品を2作つくり、以前作った紹介した本をインターネット上で検索をしたら、著者の知らないところで販売サイトが5つでき、そのひとつがアマゾンドットコムで中古品と表示し3150円で販売した本がなんと14000円で販売されていました。

これではパソコンの機械が扱えない物つくりの現業は本に手が伸ばせない、電子書籍化を図って価格を抑えようと思いますが、パソコンの機械が扱えない人には電子書籍のページがめくれるか危惧をしています。

零細の電気屋に遣れることに限界があり致し方ないと思ってます。

Re: 紹介した本

> 電子書籍化を図って価格を抑えようと思います
すばらしいですね。
電子書籍の普及はこれからどのようになっていくのでしょうね。

Re: No title

現場で働く人のために自費で、本まで出されているのですね。
「道具と技」に関わるものとして、その心意気に私の心も
熱くなりました。

インターネットは便利ですが、使われ方によっては
怖いですね。

No title

久しぶりです。

ここには書かなかった本を紹介しようと思います。

10年前に建設業の電気屋をしていて、メールで図面を送ると監督に言われ、これじゃ仕事をしている場合じゃないと、会社を休業させてコンピューターを習い、知らないを武器に記録を取りまとめ、作った本があるのです。

本の題名は「体で覚えたパソコンエクセル写経1文字入力編」で本を作っては図書館に送り配架になるかならないかで実力を推し量って、作ったもので、

配架になれば、専業、分業の中小企業の現業もインターネットに出てきて協業につながるのではないかと作った本で、本自体はほとんど図書館に送り、自分で売ったのは100冊あるかないかぐらいで、大赤字でした。

先日如何したかなと検索をしてみてびっくり、Amazon.co.comで3150円のその本が13984円で販売されている。

ほかにも数社がインターネット上で定価で販売をしているではないか、

一番最初に見つけた、bk1でどういう事かと尋ねたら、2時間もしない内にそのページを抹消されていた。

どうやら作者に無断で販売していたようです。

Re: Re:マグネット保持器

> ナグネット保持器、発明学会の中間審査で入賞になりました。
おめでとうございます!
発明学会というものがあること知りませんでした。
最終審査の結果も楽しみですね。
またお知らせくださいませ。

Re:マグネット保持器

久しぶりです。

ナグネット保持器、発明学会の中間審査で入賞になりました。

事業化してくれれば良いのですが、最終審査待ちです。

Re: マグネット保持器

現場経験からの発想なのですね!!
鉄のあるところだと、マグネット保持器はすごい威力を発揮してくれそうですね。

マグネット保持器

鉄道で仕事をしていたときに、資材を鉄橋の下に仮置きをしていました。

そんな経験から、トラックから資材を1つづつおろしては地面に積みかさね、数日分の資材を仮置きしていました。

そんなことが頭に浮かび、トラックから荷卸をするにも鉄橋に保持器をセットし、まとめて積み下ろしが出来たらと考案したのがこの器具です。

鉄の天井がある所にマグネット支持器を取り付けて、チェンブロックなどで相当量を1人で積み下ろしが出来たらかなりの省力化になるだろうと思いました。

このマグネット試作器は産業試験場で242.8キロの吸着力がありました。

安全度を考えて吸着力の2、30%で使用出来るだろうと考えてます。

30%なら、72キロまで吊上げ器を含んでの重量を持ち上げられると思います。

現場で使うなら100~300キロの重量を扱えるように吸着力を1トンの試作器まで作ろうと思います。

1tぐらいの吸着力があれば100キロの重量の横ぶれは押さえてくれるものと考えます。

100キロの重量を1人で積み下ろしが出来れば相当な人手を減らせることが出来るだろうと思います。

昨日特許申請したので試作器の写真を下のサイトに貼ってます。

http://6821.teacup.com/kyouiku/bbs?

Re: 軽量化したら

エクセル写経さま

開発ペース早いですね!!今後のバージョンアップも楽しみです。
お待ちしております!

軽量化したら

こんばんは、降下器をアルミ合金にし、軽量化を計ったら大きくなってしまった。

例によってひゅ~ねっと板橋のフリーボードに写真を掲示しました。

Re: 自作降下器の使用写真

エクセル写経さま

お久しぶりです。コメントありがとうございます!!
ロープ1巻きの違いって大きいのですね。
これからもドシドシご投稿ください。
よろしくお願いいたします。e-257

自作降下器の使用写真

降下器は板橋のもの作りネットで知り合った機械屋さんに作ってもらいましたが、使用写真は板橋で異業種交流をしているひゅ~ねっと板橋のフリーボードに掲載しています。

ひゅ~ねっと板橋のフリーボード

http://6821.teacup.com/kyouiku/bbs

河川の10mの垂直壁での使用実験で、ロープを2巻で行いました。

2巻もしていると降下する速度はなく、レスキューで飛びながら降りることができません、1歩1歩、歩くように降ります。

絶壁での仕事をするにはちょうどよく、1巻で使えばレスキュウのように飛び跳ねながら降りることもできますが、安全上2巻以上で使うようにと考えてます。

崖の途中でも降下器の下の部分でエイトノットを仕掛ければ降りた距離にもよりますが、数mの横走りができ、5mも降りれば左右に1,5mぐらいは仕事姿勢が取れるだろうと思います。

No title

3月に10mほどの崖ですが初めて降りました。

途中ではロープを器具に絡めて両手話をしています。

絡めた上でエイトノットを施せばそれ以上下がらず、降りた高さにもよりますが、横移動ができます。

崖っぷちの斜面までの距離でエイトノットを施して使えばそれ以上へはいけないので、崖から落ちることが無くなるだろうと思います。

降りた距離が長ければ長いほど横へ動ける距離も長くなる。

また山の道具と違うのはロープの太さを選ばないことです。

今の試作器では25ミリ以下のロープが使えます。

鋼鉄なので重さが1キロあり、軽量化を計っているところです。

降りている写真は同じサイトで掲載しています。

Re: No title

エクセル写経さんはじめまして。
コメントの投稿ありがとうございました。

林業にない道具が建設業にたくさんありそうですね。

自作降下器の使用している写真も楽しみにしております。
他にもアイデア道具ありましたら、是非ご紹介ください。

現場人のみなさん、この降下器について、ご意見お寄せください。

No title

はじめまして、

自作で降下器を作ってみました。

http://6821.teacup.com/kyouiku/bbs

国産商品を無くしているから、建設業の業物として作ってみました。

こんな道具は林業でも使えますかね、急勾配の斜面での作業に使えるのではないかと思います。

Re: 同じです

つうくんさんコメントありがとうございます。
エンジン音と回転数の変化がポイントなのですね。

使用した時間や伐った本数などで判断は難しいのでしょうか。

同じです

はじめまして。
だんさんと同じです。現場の人間は誰でもエンジンの音が変わるので燃料きれるなとわかるはずです。そこですぐ入れればよいのですが、
回転数が上がったとき、もう少しで伐り終わると回し続け、ぷすん、ぷすんと言い出すと、次燃料をいれてもかかりにくくなりますね。


お礼、燃料切れの兆候

だんさん、さっそくありがとうございます。
チェーンソーの燃料切れ兆候、さらには再始動について教えていただき、助かります。

この話題、なんらかの形で本誌でも取り上げてみたいと考えております。
どうもありがとうございました。

燃料切れの兆候

はじめまして。

タンクが半透明の機種だとわかりやすいですよね。
ゼノアは黒なので全く見えません。

さて、燃料切れの兆候ですが、ストレーナーが燃料の油面から顔を出すようになると、燃料に気泡が混ざって混合気が薄くなります。

薄くなると回転が上がるので、使用中、急に乾いた感じで吹け上がるようになると燃料が残りわずかだと分かります。

燃料切れで止まったあと、燃料を入れて再始動するときは、チョークからやり直すと早くキャブに燃料を吸い込んでスムーズに始動できます。

教えてください、チェーンソーの燃料切れ

読者の方からのご質問です。
以下について、どなたか教えて頂けませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。


チェーンソー使用時、燃料がカラになるまで回してしまいます。燃料を入れ直しても、こんどはかかりが悪くなってしまいます。

ベテランは、燃料が切れる直前を察知し、燃料を追加するため、問題がないとのこと。

燃料切れを察知するコツを教えて頂けませんか。
音とか振動とかでしょうか。

プロフィール

道具と技・編集部

Author:道具と技・編集部
林業に関わる皆さん!
そして道具好きな皆さん!
ここに集まって、自分の相棒となる粋な道具を
アツく語っちゃってください!
もちろん、『道具と技』の感想も大歓迎です(^^

カテゴリ
最新記事
准フォレスター研修指定副読本
日本型フォレスター育成研修事業(林野庁事業)
准フォレスター研修指定副読本に、下記の弊会出版物が選ばれました!
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。